• 患者の皆さんへ
  • 医療関係者の皆さんへ
  • 研修医・医大生の皆さんへ
  • ドクターブログ
  • (寄付講座)徳島大学大学院 糖尿病・代謝疾患治療医学分野
  • 病院紹介
  • 院長挨拶
  • 病院の概要
  • フロアマップ
  • 交通案内
  • 駐車場について
  • 受診案内
  • 初めてご利用の方へ
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 出産のご案内
  • ストーマ外来
  • 透析外来
  • 人間ドック
  • 日帰り人間ドック
  • 脳ドック
  • 診療時間一覧
  • 受付時間一覧
  • 診療科紹介
  • 内科・消化器科
  • 小児科
  • 外科・肛門科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 耳鼻咽喉科
  • 眼科
  • 皮膚科・形成外科
  • 泌尿器科
  • 放射線科
  • リハビリテーション科
  • 部科紹介
  • 看護部
  • 臨床検査部
  • 薬剤部
  • 栄養管理科
  • アクセスマップ
  • スタッフ募集
  • 電話番号
  • メールでのお問い合わせ
  • スマートフォンの方はコチラ

指導医からのメッセージ

前のページへ戻ります

指導医から研修生の方へのメッセージを記載しています。
また、メールでの連絡および病院見学を待っています。

『研修希望の皆さんへ』 内科指導医 篠原 正幸

指導医 篠原 正幸

副院長(内科)
篠原 正幸

医師としての診療能力の向上、適正な標準医療及びそれに則った高度医療を遂行することによる安心・安全な診療を行うには、初期内科研修が最も大切です。

このために、本院では内科各小診療科の専門医を充実させ、さらに産婦人科・整形外科等の選択科の指導医の補充と育成を進めることにより、より良い研修体制の構築を図っています。

高齢者社会になり一人の患者さんは多くのプロブレムを持って来院します。特に入院される患者さんはこの状況が顕著です。本院での研修では、内科すべての小診療科(循環器・消化器・呼吸器など)を同時に並行して研修することで一人一人の患者さんのプロブレムを抜け落とすことなく全ての病態とそれに基づいた治療を研修できる大きな特徴を有しています。


『初期研修医としての診療能力の向上』 産婦人科指導医 和泉 佳彦

産婦人科指導医 和泉 佳彦

診療部長(産婦人科)
和泉 佳彦

初期研修医としての診療能力の向上、適正な標準医療及びそれに則った高度医療を遂行し、チーム医療による安心・安全な医療サービスを行うことが大切な目標の一つです。本院は徳島県最南端の小児科併設の分娩施設として、県南部の周産期医療の基幹病院となっております。

本院では周産期はもとより、婦人科良性疾患、悪性疾患、内分泌、不妊、更年期、思春期広範囲にわたった診療を行っております。院内においては小児科・内科・外科をはじめ各診療科の専門医と緊密な情報交換を行うだけでなく助産師をはじめとした病棟スタッフとの勉強会を行い最新の情報を共有するなど県南部の周産期医療の基幹病院として妊娠中および産褥期のトータルケアを充実させています。

二人の常勤医師は産婦人科専門医であることはもちろんのこと、おのおのがその専門性を生かして女性のライフサイクルに合わせたきめ細かな医療サービスの提供をしております。地方の基幹病院であるメリットを生かして二人の指導医よりのきめ細やかな指導を受けられるととも、産婦人科としての情報収集を生かし子育て中の女性医師に対しても病院として育児サービスの援助をするなど若い世代の医師のライフワークバランスに配慮をしたより良い研修体制の構築を図っています。


『当院で研修できる小児科の特徴』 小児科指導医 上田 隆

小児科指導医 上田 隆

副院長(小児科)
上田 隆

  1. 循環器外来
    毎月1回徳島大学より小児循環器の先生に来ていただき、循環器外来を行っています。先天性心疾患の術後のフォローもしていますので、研修希望の皆様には勉強になると喜ばれています。
  2. 発達外来
    平成19年8月から『発達外来』を開設しました。小児科医と耳鼻科医が協力し、子ども専門の言語聴覚士もスタッフとして充実されたことによって、県南で初めて発達障害の診断から訓練まで一貫した治療を行うことができるようになりました。
  3. 夜尿症外来
    20年前から夜尿症の相談・治療を続けてきましたが、インターネットに病院紹介してから相談の患者が増えています。鳴門市や藍住町や遠くは愛媛県今治市からも通っています。DDAVP点鼻療法や内服薬に加え、最近はアラーム療法も始めています。これらの治療を組み合わせることによって、ほぼコントロールできています。宿泊訓練や修学旅行前になると新患でいっぱいになります。
  4. 新生児医療
    未熟児が生まれないように小児科医がハイリスク妊婦を診察する『プレネイタル・ビジット』を行っています。その内容を一般向けに書いた拙著『生まれる前からハッピー育児』を発刊しました。

『漢方外来を行っております』 内科指導医 高橋 秀夫

漢方外来指導医 高橋 秀夫

内科部長
高橋 秀夫

漢方という言葉をご存知でしょうか。漢方医学は、中国起源の伝統医学で、中国から直接あるいは朝鮮半島を経由し、日本で独自の発達を遂げたものです。これまで一般の病院ではあまり漢方による治療がなされてこなかったのでよく知らない方が多いかもしれません。ただ最近は、漢方の良さが見直されています。漢方は古臭い、効くのが遅いというイメージがありますが、治療法の一つとして最近注目を浴びている治療法であり、また症状によっては即効性のある漢方薬もあります。ただ、漢方薬の処方はこれまでの薬と違った使い方や考え方があるので、同じ症状の人に同じ漢方薬を使っても、人によって効いたり効かなかったりします。その人にあった漢方薬をその人にあった飲み方で使う必要があります。漢方診療は、決して西洋医学と相対するものではありません。むしろ、西洋医学的な手法を存分に活かす中で、漢方治療を受けていただくことができるわけです。最初から漢方を使用するものではなく、治療のひとつの手段として漢方を活用することを目的としています。いままでの治療法で今ひとつ効果がない、あるいは漢方が治療法として適しているなどとお考えの方は漢方外来にお越しください。耳鼻咽喉科、産婦人科にても積極的に漢方治療を行っています。

漢方薬が得意とする病気

漢方治療が行われている体質としては、アレルギー体質(花粉症・アトピー性皮膚炎・喘息・じんましん)、冷え(月経困難症・月経不順・冷え症・不妊症・頭痛・肩こり)、虚弱・疲労(小児虚弱体質・慢性疲労症候群)、老化(認知症の周辺症状・夜間頻尿・腰痛・気分障害)などがあります。その他、副作用等で西洋医学治療が困難な病態(胃潰瘍のある患者の頭痛など)、ストレス因子の強い病態などでも漢方は比較的使用しやすいです。

漢方が苦手な病態

西洋医学的に治療法が確立している病態に対しては基本的に西洋医学的治療を優先します。例えば、急性心筋梗塞・脳血管障害の急性期・ショック状態などの一刻を争う緊急処置が必要な病態や治癒切除可能な悪性疾患、治療法が確立している代謝性疾患に対して、西洋医学的治療法を行わずに漢方治療のみ行うことは治癒にいたる機会を奪うことになりかねません。疾患の種類や程度によりましては、現代医学的な治療をお勧めする場合や、 現代医学的な治療を併用する場合があります。


前のページへ戻ります

▲ ページトップへ