• 患者の皆さんへ
  • 医療関係者の皆さんへ
  • 研修医・医大生の皆さんへ
  • ドクターブログ
  • (寄付講座)徳島大学大学院 糖尿病・代謝疾患治療医学分野
  • 病院紹介
  • 院長挨拶
  • 病院の概要
  • フロアマップ
  • 交通案内
  • 駐車場について
  • 受診案内
  • 初めてご利用の方へ
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 出産のご案内
  • ストーマ外来
  • 透析外来
  • 人間ドック
  • 日帰り人間ドック
  • 脳ドック
  • 診療時間一覧
  • 受付時間一覧
  • 診療科紹介
  • 内科・消化器科
  • 小児科
  • 外科・肛門科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 耳鼻咽喉科
  • 眼科
  • 皮膚科・形成外科
  • 泌尿器科
  • 放射線科
  • リハビリテーション科
  • 部科紹介
  • 看護部
  • 臨床検査部
  • 薬剤部
  • 栄養管理科
  • アクセスマップ
  • スタッフ募集
  • 電話番号
  • メールでのお問い合わせ
  • スマートフォンの方はコチラ

産婦人科 女性の排尿障害・性器脱(骨盤臓器脱)

前のページへ戻ります


國見幸太郎

阿南共栄病院
産婦人科部長 國見幸太郎

  • 咳やくしゃみをしただけで尿が漏れてしまう…. (尿漏れ)
  • 股間に何か挟まっているような感じがする (股間の不快感・異物感)
  • 尿意があるのになかなか出てこない (排尿困難)
  • さっきトイレに行ったばかりなのに、またトイレに行きたくなってしまう (頻尿)
  • 便が出にくい・すっきりしない (排便困難・残便感)

女性正常骨盤

膀胱脱・子宮脱・直腸脱

こんな症状で悩んでいませんか? 女性が中高年になって骨盤底の筋肉や靱帯が緩み、膀胱・子宮・直腸が下がってくる病気を骨盤臓器脱と言います。骨盤臓器脱になると子宮が下がってくる不快感とともに尿失禁や排尿困難などの排尿異常を伴うことが多く、進行すると日常生活に支障を来すようになります。我が国での骨盤臓器脱患者についての統計データはありませんが、スウェーデンでは出産を経験した女性の44%に骨盤臓器脱が見られたとの報告もあります。

症状が軽い場合は、体操(骨盤底筋体操)が有効です。また、膣の中にシリコンで出来たリングを挿入し子宮が下がってこないように支える方法もあります。しかし、長期間の挿入は膣壁のただれや出血の原因となるため定期的なチェックが必要でなんらかの理由で手術が出来ない場合など限られた使用、一時的な治療法といえます。子宮や膀胱などの下垂が重症になると手術療法が必要となります。入院期間は10日程度、おなかを切ることなく膣から全て行う手術です。

はずかしさから、医療機関を受診できずに悩んでいる患者さんは多数いらっしゃるだろうと推定されます。勇気を出して一度、産婦人科を受診してみてください。おしっこの悩みで家から遠くに出かけられなかった方が「友達と旅行に行けるようになった!」と喜んでいただいたこともあります。スポーツや旅行、いろんな事ができるようになりますよ。

前のページへ戻ります

▲ ページトップへ