• 患者の皆さんへ
  • 医療関係者の皆さんへ
  • 研修医・医大生の皆さんへ
  • ドクターブログ
  • (寄付講座)徳島大学大学院 糖尿病・代謝疾患治療医学分野
  • 病院紹介
  • 院長挨拶
  • 病院の概要
  • フロアマップ
  • 交通案内
  • 駐車場について
  • 受診案内
  • 初めてご利用の方へ
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 出産のご案内
  • ストーマ外来
  • 透析外来
  • 人間ドック
  • 日帰り人間ドック
  • 脳ドック
  • 診療時間一覧
  • 受付時間一覧
  • 診療科紹介
  • 内科・消化器科
  • 小児科
  • 外科・肛門科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 耳鼻咽喉科
  • 眼科
  • 皮膚科・形成外科
  • 泌尿器科
  • 放射線科
  • リハビリテーション科
  • 部科紹介
  • 看護部
  • 臨床検査部
  • 薬剤部
  • 栄養管理科
  • アクセスマップ
  • スタッフ募集
  • 電話番号
  • メールでのお問い合わせ
  • スマートフォンの方はコチラ

臨床検査部について

前のページへ戻ります
薬剤部紹介

検査部の紹介

当検査部の概要と特徴をご紹介したいと思います。検査部は20名で行っており、昨年1年間の検査件数は、総数換算として約84万件ありました。検査は検体検査と生体検査がありますが、生体検査では随時検査として心電図、肺機能、血圧脈波、などがあります。予約検査として超音波(腹部・心臓・頸動脈)、心臓カテーテル、ホルター心電図、サイクルエルゴメーター負荷心肺機能検査、睡眠時無呼吸検査、神経伝導検査があり、耳鼻科では聴力、平衡機能、味覚検査にも携わっています。

また臨床検査技師以外の資格といたしまして超音波検査士(腹部)、細胞検査士、糖尿病療養指導士、聴力検査士が各2名と認定臨床微生物検査技師、平衡機能検査士、睡眠指導士、認定心電技師各1名の各種資格を有しており、今年は新たに資格取得を目指して超音波検査士3名、細胞検査士と聴力検査士各1名が受験予定と多くの技師が意欲的です。

1月末からは検査部内で勤務体制を工夫し、外来で朝8時30分からの診察に検査結果が間に合うようにいたしました。当検査部でも微力ながら地域医療に貢献できるよう努めてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

当院での検査部の仕事

臨床検査は大きく検体検査と生理検査に分かれます。

臨床検査部1

検体検査

生体内の多種多様の成分を調べます。
生化学検査(肝機能、腎撮能、脂質検査など)、免疫血情検査(炎症反応、腫瘍マーカー、肝炎ウイルス、甲状腺ホルモンなど)、血液検査(貧血検査、血液凝固検査など)、一般検査(尿検査、便潜血、精液検査など)輸血検査、細菌検査、病理組織・細胞診検査。


臨床検査部2

生理検査

患者様に接して検査を行います。
心電図、24時間心電図、負荷心電図、肺機能、血圧脈波、脳波、神経伝導検査、超音波検査(腹部、心臓、頸動脈、甲状腺)、心臓カテーテル時の心電図。耳鼻咽喉科での聴カ・内耳機能・平衡機能等の検査。


当院検査部の特徴

  1. 検査受付と中央採血室、内科処置室、心電図室が一体化し検査室も隣接しており患者様の動線が短く、検体の流れがスムーズなため迅速に結果報告が出来ます。
  2. 外来診療科及び人院病棟と検査部が電子カルテによりオンライン化されているため、医師がどこからでも検査依頼でき、またその結果をリアルタイムで見ることが出来ます。
  3. 検査受付に自動採血管準備システムを用いているため、外来の採血業務の省力化や検査の正確化・迅速化に貢献しています。また病棟での予約検査では前日に採血管が準備できていることにより、病棟での採血が迅速かつ正確になりました。
  4. 週に2回〜3回、夜に睡眠時無呼吸検査を行っています。
  5. 糖尿病教室での療養指導や、NST(栄養サポートチーム)、ICT(感染対策チーム)に参加しチーム医療としての一役を担っています。
前のページへ戻ります

▲ ページトップへ