• 患者の皆さんへ
  • 医療関係者の皆さんへ
  • 研修医・医大生の皆さんへ
  • ドクターブログ
  • (寄付講座)徳島大学大学院 糖尿病・代謝疾患治療医学分野
  • 病院紹介
  • 院長挨拶
  • 病院の概要
  • フロアマップ
  • 交通案内
  • 駐車場について
  • 受診案内
  • 初めてご利用の方へ
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 出産のご案内
  • ストーマ外来
  • 透析外来
  • 人間ドック
  • 日帰り人間ドック
  • 脳ドック
  • 診療時間一覧
  • 受付時間一覧
  • 診療科紹介
  • 内科・消化器科
  • 小児科
  • 外科・肛門科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 耳鼻咽喉科
  • 眼科
  • 皮膚科・形成外科
  • 泌尿器科
  • 放射線科
  • リハビリテーション科
  • 部科紹介
  • 看護部
  • 臨床検査部
  • 薬剤部
  • 栄養管理科
  • アクセスマップ
  • スタッフ募集
  • 電話番号
  • メールでのお問い合わせ
  • スマートフォンの方はコチラ

放射線科研修

前のページへ戻ります

放射線科の研修カリキュラムについて

※ 協力病院にて研修

1.放射線医学とは

放射線医学は画像診断、インターベンショナルラジオロジー(IVR)、核医学、放射線治療から構成されます。

画像診断はX線単純写真、CT、MRI、消化管造影、超音波検査などの検査法を用いて各種疾患の診断を行う分野です。疾患、検査法ともに多岐にわたりますが、今日の医療で不可欠な分野であり、各診療科の研修で習得すべき目標項目に共通する内容が多く含まれています。

IVRは診断的技術を治療に応用した手技で、低侵襲的な方法で良好な治療効果が得られることから近年急速に普及した領域ですが、画像ガイド下で行われる生検や造影検査なども含まれます。使用する器具や材料の開発も盛んに行われ、新たな手技の導入も検討されています。

核医学検査は放射性同位元素を体内に投与して診断を行う検査法です。形態診断のみならず放射性同位元素の動態測定によって機能・代謝診断もできるのが大きな特徴です。PET/CTによる診断も含まれます。放射性ヨードによる甲状腺癌や甲状腺機能亢進症の治療も広く施行されています。

放射線治療は悪性腫瘍に対する局所療法の一つですが、生体の機能や形態の温存を計り、QOLの維持・向上が期待できる治療法です。放射線単独療法も行われていますが、進行例などでは関連診療科と連携しながら手術療法、化学療法、放射線療法などを組み合わせた集学的治療も施行されています。

2.カリキュラムの内容

徳島大学附属病院での研修では、各分野の指導医のもとで画像診断、IVR、核医学、放射線治療などの放射線科診療に携わりながら研修を行いますが、画像診断レポートの作成、基本的手技の実施、カンファレンスへの参加などもあわせて行います。

協力型病院では画像診断を中心とした研修が行われます。IVR、核医学、放射線治療については病院によって診療内容が異なることがありますので、希望する研修内容を選択する際には前もって放射線科医局に問い合わせて下さい。

一般臨床医として必要な基本的な知識や技術の習得ができるようなカリキュラムとなっていますが、放射線科医を養成するための初期研修のとしての役割も果たします。

3.カリキュラムの到達目標

I.画像診断学

一般目標

各種画像診断学の基本を身につけ、画像診断を通して患者の病態を把握できるようにする。

行動目標

  1. 人体の正常解剖について理解・習得する。
  2. 胸・腹部、骨などの単純写真の撮影法と読影法などについて習得する。
  3. CTおよびMRI検査の撮像法、造影手技および読影法について習得する。
  4. 上部消化管透視、注腸検査法の適応、手技および読影法を習得する。
  5. 超音波検査の基本的手技と読影法について習得する。
II.IVR

一般目標

IVRを行うための必要な基本的知識と手技について習得する。

行動目標

  1. 脈管解剖学の理解・習得をする。
  2. 血管造影法の基本手技と読影法について習得する。
  3. IVRの種類、適応、基本的手技について習得する。
  4. IVR前・後の患者管理ならびに合併症に対する適切な処置などについて習得する。
III.核医学

一般目標

放射線同位元素に対する基本的知識ならびにPET/CTを含む核医学検査における測定法と読影法について習得する。

行動目標

  1. 放射線同位元素の種類、取り扱いならびに管理について習得する。
  2. 核医学検査の測定法について理解する。
  3. 核医学検査の読影法を習得する。
IV.放射線治療学

一般目標

集学的治療における放射線治療の位置づけを理解し、標準的治療法と患者管理について習得する。

行動目標

  1. 基本的診察、全身管理について習得する。
  2. 病歴を通覧し、診断から治療に至る過程を理解する。
  3. 放射線治療の目的、適応、治療方法について理解する。
  4. 治療内容の概要について説明することができる。
前のページへ戻ります

▲ ページトップへ