• 患者の皆さんへ
  • 医療関係者の皆さんへ
  • 研修医・医大生の皆さんへ
  • ドクターブログ
  • (寄付講座)徳島大学大学院 糖尿病・代謝疾患治療医学分野
  • 病院紹介
  • 院長挨拶
  • 病院の概要
  • フロアマップ
  • 交通案内
  • 駐車場について
  • 受診案内
  • 初めてご利用の方へ
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 出産のご案内
  • ストーマ外来
  • 透析外来
  • 人間ドック
  • 日帰り人間ドック
  • 脳ドック
  • 診療時間一覧
  • 受付時間一覧
  • 診療科紹介
  • 内科・消化器科
  • 小児科
  • 外科・肛門科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 耳鼻咽喉科
  • 眼科
  • 皮膚科・形成外科
  • 泌尿器科
  • 放射線科
  • リハビリテーション科
  • 部科紹介
  • 看護部
  • 臨床検査部
  • 薬剤部
  • 栄養管理科
  • アクセスマップ
  • スタッフ募集
  • 電話番号
  • メールでのお問い合わせ
  • スマートフォンの方はコチラ

眼科研修

前のページへ戻ります

眼科の研修カリキュラムについて

※ 協力病院にて研修

1.研修の目的

眼科は、眼球およびその付属器を専門に扱う分野です。視覚障害は患者さんのQOLの低下に直結し、それに伴う患者さんの苦悩は計りしれません。本プログラムの目的は、視機能を理解した上でそれらの異常である種々の眼疾患の診断・内科的治療および外科的治療について習得することです。

2.カリキュラムの内容

  1. 眼科における基本的検査手技の習得
    • 視力検査:屈折、調節、矯正視力検査
    • 眼圧検査
    • 視野検査:中心視野、周辺視野
    • 眼位、眼球運動検査:Hessプリズムカバーテスト
    • 眼球突出計
    • 眼部超音波検査
    • 角膜内皮細胞計測
    • 眼底撮影・蛍光眼底撮影(基本的疾患の所見がわかるようにする)
      上記の各検査につき外来医長及び指導医により手技の説明及び実習・指導を行う。
  2. 外来・入院患者の受け持ち
    • 上級者(2年次研修医以上)とともに、外来・入院患者
      (眼科の基本疾患および全身疾患に伴う患者さんを当てる。
      例:角結膜炎、白内障、緑内障、糖尿病網膜症、高血圧・動脈硬化による眼底変化のある患者さん)
      を担当し、眼科的診療行為を習得する。
  3. 基本的治療手技および手術
    • 眼科手術前後の管理(点眼薬、輸液、薬剤投与など)
    • 眼科手術の基本的手技の習得
    • 手術法の原理と術式の理解
    • 以下の手術を自らまたは指導医の下に実施する。
      • 涙道ブジー(涙管通水、洗浄を含む)
      • 結膜異物、角膜異物除去
      • 麦粒腫切開
      • 眼瞼縫合

3.カリキュラムの到達目標

  1. 基本的診療
    • 外来・入院患者さん適切な病歴聴取ができる。
    • 適切に全身的、眼科的所見を取ることができる。
    • 外眼部の視診、触診ができる。
    • 外来診療機器(細隙顕微鏡、隅角鏡、検眼鏡など)による視診ができる。
    • 薬剤の適正な使用、処方、取り扱いができる。
    • 患者さんを適切な診療科へ紹介したり、また他科からの紹介に対して適切な返答ができる。
    • 必要な一般的検査を選択し、結果を判定できる。
    • 他の医師、看護婦、検査技師等との円滑な連携を保ちながら診療できる。
    • 眼科手術前後の管理(点眼薬、輸液、薬剤投与など)ができる。
  2. 眼科手術の基本的手技
    • 手術法の原理と術式を理解し、以下の手術を自らまたは指導医の下に実施できる。
      • 涙道ブジー(涙管通水、洗浄を含む)
      • 結膜異物、角膜異物除去
      • 麦粒腫切開
      • 眼瞼縫合
  3. 画像診断
    • 代表的な疾患について眼底写真および蛍光眼底写真の読影ができる。
  4. 基本的手技および手術
    • 術前・術後の患者の全身管理(輸液、薬剤投与など)ができる。
    • 手術の基本的手技(無菌操作、消毒、切開排膿、結紮、顕微鏡操作など)ができる。
    • 手術法の原理と術式を理解し、以下の手術を自らまたは指導医の下に実施できる。
      • 涙道ブジー(涙管通水、洗浄を含む)
      • 結膜異物、角膜異物除去
      • 麦粒腫切開
      • 眼瞼縫合
  5. プライマリーケア
    • 以下の救急処置法を適切に行い、必要に応じて専門医に診療を依頼することができる。
    • バイタルサインの把握
    • 重症度および緊急度の把握(判断)
    • 指導医や専門医(専門施設)への申し送りと移送
  6. 経験すべき症状・病態
    • 緊急を要する疾患・病態
    • 外傷(突孔性眼外傷)
    • 頻度の高い症状
    • 視力障害
    • 眼痛
    • 夜盲
    • 視野障害
    • 複視
    • 頭痛
    • めまい
    • リンパ節腫脹
    • 浮腫
    • 発疹、かゆみ
    • 結膜の充血
  7. 適切な医師・患者関係の確立
    • コミュニケーションスキル
    • 患者さんと家族のニーズと心理的側面の把握
    • インフォームドコンセント
    • プライバシーへの配慮
    • 失明の告知とリハビリテーションへの理解
前のページへ戻ります

▲ ページトップへ