• 患者の皆さんへ
  • 医療関係者の皆さんへ
  • 研修医・医大生の皆さんへ
  • ドクターブログ
  • (寄付講座)徳島大学大学院 糖尿病・代謝疾患治療医学分野
  • 病院紹介
  • 院長挨拶
  • 病院の概要
  • フロアマップ
  • 交通案内
  • 駐車場について
  • 受診案内
  • 初めてご利用の方へ
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 出産のご案内
  • ストーマ外来
  • 透析外来
  • 人間ドック
  • 日帰り人間ドック
  • 脳ドック
  • 診療時間一覧
  • 受付時間一覧
  • 診療科紹介
  • 内科・消化器科
  • 小児科
  • 外科・肛門科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 耳鼻咽喉科
  • 眼科
  • 皮膚科・形成外科
  • 泌尿器科
  • 放射線科
  • リハビリテーション科
  • 部科紹介
  • 看護部
  • 臨床検査部
  • 薬剤部
  • 栄養管理科
  • アクセスマップ
  • スタッフ募集
  • 電話番号
  • メールでのお問い合わせ
  • スマートフォンの方はコチラ

皮膚科研修

前のページへ戻ります

皮膚科の研修カリキュラムについて

※ 協力病院にて研修

1.皮膚科研修の意義

皮膚科学は身体最大の“臓器”である皮膚・粘膜で起こるあらゆる疾患・変化を対象とするため疾患が多岐にわたります。患者さんも性別に関係なく、年令も胎児から高年齢者に及びます。

皮膚は全身性疾患の症状が皮膚変化=皮疹として出現する場合も多く、内臓の鏡と言われています。症状が直接観察できるため、皮疹およびその変化から全身の病変や状態を推察する能力はどの診療科に進んでも必ず役立つでしょう。また、環境因子や薬剤過敏性の知識、それを証明する各種皮膚テストの技術収得は全科のアレルギー疾患の診療に応用できます。

皮膚科独特の外用療法の基本と、患者に耐えがたい不快感を与える「痒み」への対処も習得しておけば、稚拙な治療で皮疹を悪化させ患者を苦しめることもないでしょう。君たちは皮膚・粘膜の構造や機能、内部臓器との関係等を理解するとともに、その異常で起こる変化=疾患の成因、病態、診断、治療等について、必要不可欠な知識を自ら整理して学ぶ必要があります。私達はその手助けをします。

2.カリキュラムの内容

大学病院・協力病院を問わず外来ではできるだけ多数の患者に接してください。皮疹の見方と考え方、直接検鏡法による迅速診断、各種ステロイドを中心とした外用療法、抗ヒスタミン剤を中心とした内服療法、および熱傷・薬疹の(重症度の)診断と救急治療を指導医から学び、その他の治療法(光線、植皮、冷凍、電気)も経験します。またアレルギー性疾患の原因検索法(パッチテストや光パッチテスト、プリックテストなど)の技術と判定法習得は必須です。

大学病院では皮膚病理診断の検討会にも参加してもらいます。入院患者さんは水疱性疾患、重症炎症性角化症、薬疹、膠原病、悪性腫瘍、下腿潰瘍、等が多く、それらの治療法の基本を指導医について研修し、短期間の選択研修中に遭遇できなかった重要皮膚疾患は、部局に蓄積された豊富な臨床スライドや病理組織のライブラリーを利用して擬似経験して学びます。

3.カリキュラムの到達目標

I. 一般皮膚疾患

一般目標

適切な治療を行うために、皮疹の基本的診断能力を習得する。

行動目標

  1. 以下の炎症性疾患群の皮疹・粘膜疹を臨床的に鑑別できる。
    湿疹・皮膚炎、蕁麻疹、紅斑症(多形紅斑など)、血管炎、肉芽腫性炎症(サルコイドーシスなど)、膠原病の皮膚症状(皮膚筋炎など)、自己免疫性水疱性疾患(天疱瘡など)、炎症性角化症(乾癬など)、色素異常症
  2. 細菌、真菌、ウィルス、リケッチア、スピロヘータ感染および節足動物寄生性疾患による炎症性皮疹を上記1. の疾患群から鑑別診断できる。
  3. 以下の母斑・皮膚腫瘍・前癌状態を臨床的に鑑別診断できる。
    老人性色素斑、脂漏性角化症、色素性母斑、ボーエン病・日光角化症、基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫、乳房外ページェット病、血管腫、血管肉腫、菌状息肉症・皮膚悪性リンパ腫
  4. 上記の内、太字の疾患に対しては、適切な治療が行えるようになる。
  5. 専門医に紹介すべきかどうかの適格な判断ができるようになる。
II. 救急医療

一般目標

皮膚科救急疾患に対応できる基本的診療能力を習得する。

行動目標

  1. 問診と臨床症状から急性発疹症のうち薬疹を疑診でき、その重症度を判断し、原因薬剤のおおまかな推定ができる。
  2. 壊死性筋膜炎などの救急医療を要する感染症を診断できる。
  3. ショックを伴う急性蕁麻疹やクインケ浮腫を診断し、適切な治療ができる。
  4. ハチやムカデなどの刺症に対処できる。
  5. 熱傷の重症度を判断し、適切な初期治療ができる。
III.基本手技

一般目標

正確な診断に役立つ検査法の手技と皮膚科治療の基本的手技を習得する。

行動目標

  1. 皮膚描記試験や硝子圧法が適切に行え、正確な判定ができる。
  2. 直接鏡検法(KOH、Tzankスメア)で真菌・虫体を指摘でき、スメアで細菌、異常表皮細胞、炎症性浸潤細胞の区別ができる。
  3. パッチテストを施行し、正確な判定ができる。
  4. プリック(スクラッチ)テスト、皮内反応を施行し、正確な判定ができる。
  5. 皮膚生検ができ、基本的な病理組織所見を自分で読み取れる。
  6. 疾患や状態に応じた外用剤とその使用方法を選択できる。
  7. 褥瘡や熱傷処置(洗浄、壊死組織のデブリドマン)ができる。
  8. 光線療法の適応と適当な線源・線量を指示することができる。
  9. 小手術(液体窒素凝固、良性腫瘍切除、チール植皮)ができる。
IV. 医療記録

一般目標

皮膚疾患の特殊性に対して理解を深め、正確な記述能力を習得する。

行動目標

  1. 皮疹の所見の正確な記述ができる。
  2. 皮膚テストの検査結果を客観的・定量的に記載できる。
  3. 慢性皮膚疾患や熱傷瘢痕の一般的経過を説明でき、実際の症例でもポイントを適切にカルテに記載できる。
  4. 過不足のない紹介状を書く事ができる。
前のページへ戻ります

▲ ページトップへ