• 患者の皆さんへ
  • 医療関係者の皆さんへ
  • 研修医・医大生の皆さんへ
  • ドクターブログ
  • (寄付講座)徳島大学大学院 糖尿病・代謝疾患治療医学分野
  • 病院紹介
  • 院長挨拶
  • 病院の概要
  • フロアマップ
  • 交通案内
  • 駐車場について
  • 受診案内
  • 初めてご利用の方へ
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 出産のご案内
  • ストーマ外来
  • 透析外来
  • 人間ドック
  • 日帰り人間ドック
  • 脳ドック
  • 診療時間一覧
  • 受付時間一覧
  • 診療科紹介
  • 内科・消化器科
  • 小児科
  • 外科・肛門科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 耳鼻咽喉科
  • 眼科
  • 皮膚科・形成外科
  • 泌尿器科
  • 放射線科
  • リハビリテーション科
  • 部科紹介
  • 看護部
  • 臨床検査部
  • 薬剤部
  • 栄養管理科
  • アクセスマップ
  • スタッフ募集
  • 電話番号
  • メールでのお問い合わせ
  • スマートフォンの方はコチラ

精神科研修

前のページへ戻ります

精神科の研修カリキュラムについて

※ 協力病院にて研修

精神科研修の目的と特徴

精神疾患の頻度は高く、臨床医は、どの診療科においても精神症状を併せ持つ患者の診療に携わる。そのために必要な知識と経験を身に付けることが目的である。また、患者を心身一如の存在として全人的に診療する習慣を養うことも目的としている。

研修内容

マンツーマン方式に加え、クルズスなど時間枠方式を併用する。

  1. 入院診療
    マンツーマン方式で行う。患者の副主治医となり、毎日診察し、検査所見を解釈し、指導医と相談協議しながら、治療方針を決定する。患者と家族への治療方針の伝達や症状の説明も重視する。担当患者の入退院に際しては、症例の要約を作成し、全体会での症例提示を行う。受け持ち患者は、気分障害、統合失調症、痴呆症を含む数例である。
  2. 外来診療
    新患患者については予診を取り、本診察に立会い、診察終了後に診察医と質疑応答する。出来る限り、その患者の再診にも加わり経過を観察する。また、他科往診に同行し、リエゾン・コンサルテーション精神医学を習得する。
  3. 救急診療
    月に1-2回程度の長期時間外研修を行い、精神科救急患者への対応と治療に関わる。
  4. 精神科リハビリテーション
    精神科作業療法およびデイケアに準スタッフとして参加するほか、大学病院で十分に行えない精神科的ケアについては、協力施設にて行う。
  5. 検討会および勉強会
    症例検討会、病棟のコメディカルスタッフとのミーティング、クルズスに参加する。

これらの実地研修を通し、臨床医として必要な精神疾患の診断と治療に関する知識と技能を習得し、患者を全人的にとらえる習慣を身に付ける。

一般目標

  1. プライマリーケアに求められる精神症状の診断と治療技術を身に付ける。
  2. 身体疾患を有する患者の精神症状の評価と治療技術を身に付ける。
  3. 医療コミュニケーション技術を身に付ける。
  4. 他科、他職種、他病院との連携のための技術を身に付ける。
  5. 精神科リハビリテーションや地域支援体制を理解し、経験する。

行動目標

  1. 精神および心理状態の把握の仕方および対人関係の持ち方を学ぶ。
  2. 精神疾患とそれへの対処の特性について学ぶ。

経験目標

  1. 基本的な身体診察法(神経学的所見、精神医学的所見)、臨床検査所見(CT、MRI、SPECT、脳波など)を学ぶ。
  2. 頻度高い精神症状(不眠、けいれん発作、不安や抑うつ)の把握。
  3. 緊急を要する精神症状(意識障害、精神科救急)とその対処。
  4. 特定の医療現場の経験(精神保健・医療、緩和・終末期医療、地域保健・医療など)を行う。
  5. 経験が求められる疾患
    1. 疾患について入院患者を受け持ち、診断、検査、治療方針について症例レポートを提出するもの。
      認知症(血管性を含む)、気分障害(うつ病、躁うつ病)、統合失調症
    2. 疾患については、外来診療または受け持ち入院患者で自ら経験するもの。
      身体表現性障害、ストレス関連障害

到達基準

統合失調症、気分障害、認知症の入院治療に関わり、画像診断学や脳波など診断確定のための検査、診断及び治療方針について検討し、症例レポートを作成する。不安障害、身体表現性障害、ストレス関連障害などでは治療に関わり、厚生労働省の定める到達目標のうち、 精神科で求められる基本的検査法、 基本的治療法を獲得する。社会復帰や社会資源の利用などは、協力施設での研修を通じて到達するよう努力する。

研修基本週間スケジュール

午前は外来での研修、午後は病棟研修となる。週に一回の病棟回診、新入院患者紹介、症例検討会、および臨床検討会へ参加する。週一日は、リハビリテーション療法に加わる。月1-2回程度の長時間時間外勤務を行う。

教育に関する行事

上記に示すスケジュールに加え、研修医を対象とした特別メニューの勉強会を行う。その他、研修に関する学内外での勉強会へ参加する。

研修医の勤務時間

勤務時間:職員に準じ、8時30分から5時30分を原則とする。 終夜時間外勤務は月1-2回を予定している。 その際は、上級医がかならず指導にあたる。

前のページへ戻ります

▲ ページトップへ