• 患者の皆さんへ
  • 医療関係者の皆さんへ
  • 研修医・医大生の皆さんへ
  • ドクターブログ
  • (寄付講座)徳島大学大学院 糖尿病・代謝疾患治療医学分野
  • 病院紹介
  • 院長挨拶
  • 病院の概要
  • フロアマップ
  • 交通案内
  • 駐車場について
  • 受診案内
  • 初めてご利用の方へ
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 出産のご案内
  • ストーマ外来
  • 透析外来
  • 人間ドック
  • 日帰り人間ドック
  • 脳ドック
  • 診療時間一覧
  • 受付時間一覧
  • 診療科紹介
  • 内科・消化器科
  • 小児科
  • 外科・肛門科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 耳鼻咽喉科
  • 眼科
  • 皮膚科・形成外科
  • 泌尿器科
  • 放射線科
  • リハビリテーション科
  • 部科紹介
  • 看護部
  • 臨床検査部
  • 薬剤部
  • 栄養管理科
  • アクセスマップ
  • スタッフ募集
  • 電話番号
  • メールでのお問い合わせ
  • スマートフォンの方はコチラ

小児科研修

前のページへ戻ります

小児科の研修カリキュラムについて

小児医療の特徴

小児医療は新生児、乳児、学童及び青春期の小児の健康上の問題を全人的に、かつ、家族、地域社会の一員として把握する必要があり、その対象疾患は、急性・慢性疾患、新生児固有の疾患、先天性あるいは遺伝性疾患及び身体諸機能の障害、心因性疾患、行動発達の異常である。又、小児の健康保持とその増進及び疾病・障害の早期発見とそれらの予防の役割を担う。

本卒後臨床研修プログラムでは小児救急疾患を重視する。

研修内容

一人の指導医に密着して研修するマンツーマン方式と、一定の時間に特定の指導医の指導を受ける時間枠方式を併用する。

  1. 救急診療
    主には外来で小児科救急患者への対応と治療に関わる。希望者は、夜間当直を指導医と共に経験する。
  2. 外来診療
    新患患者の予診を取り、本診察に立ち会い、カルテに筆記し、診察終了後に診察医と質疑応答する。出来る限り、その患者の再診にも加わり経過を観察する。特に乳児検診や予防接種の知識を身に付ける。
  3. 入院診療
    入院診療はマンツーマン方式で行う。指導医師の担当する患者の副主治医となり、毎日診察し、検査所見を解釈し、指導医と相談協議しながら、治療方針を決定する。患者と家族に治療方針や症状の推移を説明する。担当入院患者の入退院に際しては、その症例の要約を作り、今後の問題点等について討議する。
  4. 教育に関する行事
    小児科全体の症例検討会、診療グループの病棟カンファレンス、抄読会などに参加する。また、研修医のための特別メニューの勉強会を行う。その他教育に関する学内外での勉強会に参加する。

これらの実地研修を通し、臨床医として必要な小児疾患の診断と治療に関する知識と技能を習得する。
また、小児医学的診察の体験から、患者を全人的にとらえる習慣を身に付ける。

研修の目標

  1. 患児及びその養育者、特に母親との間に好ましい人間関係を作り有用な病歴を得ることが出来る。
  2. 患児の全身を包括的に観察し、年齢的特性を理解して診察できる。
  3. 適切な診療録を作成できる。
  4. 小児科診療、特に小児救急医療に必要な基礎的知識・問題解決方法・基本的技能を修得する。
  5. チーム医療の原則を理解し、他の医療メンバーと強調できる。
  6. 入院中であっても出来るだけ教育の機会が損なわれないための配慮を理解し、また、それを支えるスタッフとの交流を持つ。
  7. 先天的あるいは遺伝的要因に基づくハンディキャップ児の早期発見や療育の現場に触れ、患児や家族をサポートする医師の態度を学ぶ。

経験目標

  1. 小児の救急医療
    小児に多い救急疾患の基本的知識と手技を身に付ける。
    • 脱水症の程度を判断でき、応急処置ができる。
    • 喘息発作の重症度を判断でき、中等症以下の病児の応急処置ができる。
    • けいれんの鑑別診断ができ、けいれん状態の応急処置ができる。
    • 酸素療法ができる。
    • 心不全の小児の治療を適確に行なえる。
  2. 医療面接・指導
    • 小児ことに乳幼児に不安を与えないように接することができる。
    • 保護者(母親)から診断に必要な情報、子どもの状態が普段とどう違うか、違う点はなにか、などについて的確に聴取することができる。
    • 保護者(母親)から発病の状況、心配となる症状、病児の発育歴、既往歴、予防接種歴などを要領よく聴取できるようになる。
    • 保護者(母親)に指導医とともに適切に病状を説明し、療養の指導ができる。
  3. 基本的手技
    小児ことに乳幼児の検査および治療の基本的な知識と手技を身につける。
    1. 必ず経験すべき項目
      • 指導者のもとで乳幼児を含む小児の採血、皮下注射ができる。
      • 指導者のもとで新生児、乳幼児を含む小児の静脈注射・点滴静注・輸液ができる。
      • パルスオキシメーターを装着できる。
    2. 経験することが望ましい項目
      • 指導者のもとで導尿ができる。
      • 浣腸ができる。
      • 指導者のもとで、注腸・高圧洗浄ができる。
      • 指導者のもとで、胃洗浄ができる。
      • 指導者のもとで、腰椎穿刺ができる。
  4. 研修すべき重要な疾患
    1. 新生児疾患
      1. 低出生体重児
      2. 新生児黄疸
        NICUでの勤務中は日々、レポートを提出する。
    2. 乳児疾患
      1. おむつかぶれ
      2. 乳児湿疹
      3. 乳児下痢症・白色下痢症
    3. 感染症
      1. 発疹性ウイルス感染症(いずれかを経験する)
        麻疹・風疹・水痘・突発性発疹・伝染性紅斑・手足口病
      2. その他のウイルス性疾患(いずれかを経験する)
        流行性耳下腺炎・ヘルパンギーナ・インフルエンザ
      3. 急性扁桃炎・気管支炎・細気管支炎・肺炎
    4. アレルギー性疾患
      1. 小児気管支喘息
      2. アトピー性皮膚炎・蕁麻疹
    5. 神経疾患
      1. てんかん
      2. 熱性けいれん
        小児の痙攣は頻度が高く重要である。
    6. 腎疾患
      1. 尿路感染症
      2. ネフローゼ症候群
      3. 急性腎炎・慢性腎炎
    7. 先天性心疾患
      1. 先天性心疾患
      2. 心不全
    8. リウマチ性疾患
      1. 若年性関節リウマチ・全身性エリテマトーデス
      2. 川崎病
    9. 血液・悪性腫瘍
      1. 貧血
      2. 小児癌・白血病
      3. 血小板減少症・紫斑病
    10. 内分泌・代謝疾患
      1. 糖尿病
      2. 低身長・肥満
      3. 甲状腺機能低下症(クレチン病)
    11. 発達障害・心身医学
      1. 精神運動発達遅滞・言葉の遅れ
      2. 学習障害・注意力欠損障害

到達基準

小児の急性・慢性疾患の外来・入院治療に関わり、診断確定のための種々の検査、診断及び治療方針について検討し、症例レポートを作成する。これらの疾患の治療に関わることにより、厚生労働省の定める到達目標のうち、小児科研修で求められる基本的検査法および基本的治療法、とくに小児救急医療を修得するよう努力する。

研修の到達度評価

研修医の到達度に関する評価は、研修医の臨床経験、知識、態度などの項目について行い、担当した指導医の評価・提出レポートにより総合判定する。

前のページへ戻ります

▲ ページトップへ