• 患者の皆さんへ
  • 医療関係者の皆さんへ
  • 研修医・医大生の皆さんへ
  • ドクターブログ
  • (寄付講座)徳島大学大学院 糖尿病・代謝疾患治療医学分野
  • 病院紹介
  • 院長挨拶
  • 病院の概要
  • フロアマップ
  • 交通案内
  • 駐車場について
  • 受診案内
  • 初めてご利用の方へ
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 出産のご案内
  • ストーマ外来
  • 透析外来
  • 人間ドック
  • 日帰り人間ドック
  • 脳ドック
  • 診療時間一覧
  • 受付時間一覧
  • 診療科紹介
  • 内科・消化器科
  • 小児科
  • 外科・肛門科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 耳鼻咽喉科
  • 眼科
  • 皮膚科・形成外科
  • 泌尿器科
  • 放射線科
  • リハビリテーション科
  • 部科紹介
  • 看護部
  • 臨床検査部
  • 薬剤部
  • 栄養管理科
  • アクセスマップ
  • スタッフ募集
  • 電話番号
  • メールでのお問い合わせ
  • スマートフォンの方はコチラ

外科研修

前のページへ戻ります

外科の研修カリキュラムについて

研修の目標

基本的な外科診療手法

一般目標

基本的な外科診療能力の習得と外科疾患への対応、技術を身につける。

行動目標

  1. 診察法の習得(外科外来、総合診療救急室、日直等で)
    • 主訴、家族歴、既往歴、現病歴の記載を行う
    • 現症(全身所見、局所所見、バイタルサイン等)を記載する
    • 外来診療録(カルテ)への記載
    • 必要な検査のオーダーを行う
    • 想定される診断(疑病名)と治療方針の決定を行う
  2. 基本的な検査と結果の評価を行う
    • 各種血液検査、尿検査、便潜血反応、動脈血ガス分析
    • 細菌検査、培養、感受性
    • 各種X線検査
    • 画像診断(CT、エコー、MRI、DSA、マンモなど)
    • 心電図、肺機能検査
    • 消化管造影、内視鏡検査、胆管造影
    • 細胞診
  3. 診断の確定と治療方針の決定ができる
    • 外来処置で通院可能な場合
    • 観察入院治療が必要な場合
    • 手術による治療が必要な場合(待機手術、緊急手術)
    • 麻酔方法の選択ができるか
  4. インホームドコンセントや各種同意書が理解できる
手術への対応と心構え

一般目標

周術期(術前、術中、術後)の患者管理を理解し、その手法を習得する。

行動目標

  1. 術前管理が理解できる
    • 全身管理(心肺機能、バイタル)、局所管理
    • ラインの確保と輸液管理、栄養管理
    • 必要な各種処置(胃管挿入、浣腸等)と清拭、剃毛指示
    • 術前検査の評価
    • 服用薬剤のチェック(降圧剤、ステロイド、インスリン、テオフィリン、抗凝固剤等)
    • 既往歴のチェック(喘息、糖尿病、アレルギー、出血傾向等)
    • 各種感染症(B,C 型肝炎、梅毒、HIV等)のチェック
    • 輸血は必要か、血液型、クロスマッチは出来ているか
    • 手術方法と手術体位はどうするか
    • プレメディケーション(麻酔前投薬)と搬入時間は適切か
  2. 術中管理を理解し手術に参加する
    • 術中麻酔方法と各種生体情報モニターの指標を理解する
    • 出血量、尿量、バイタルサインの変動を理解し、対処する
    • 各種ライン(IVH、末梢点滴、動脈ライン、Swann-Ganzカテ)の必要性を理解し、管理する
    • 人工呼吸器、麻酔器の原理と使用方法を理解する
    • 医療用ガス、麻酔時使用薬剤の使用目的と薬理作用を理解する
    • 指導医と輸血の血液型、クロスマッチの適合を確認する
    • 手術時の手洗い、ガウンテクニックと、清潔不潔区域が理解でき実践する
    • 術野の消毒が適切にできる
    • 術者と助手の役割を理解し、適切な手術の介助を行う
    • 簡単な外科的処置(切開、排膿、縫合等)を経験する
    • 各種ドレーン、チューブ類の挿入意義を理解し、実践する
  3. 術後管理を理解し、実践する
    • 帰室後の麻酔の覚醒状態を把握でき、対応する
    • 術後急性期の呼吸、循環動態の変動を理解し、各種生体モニター血液ガス分析、血液性化学検査、X−Pなどを総合して異常事態の把握に努める
    • 後に使用される各種薬剤について理解する
    • 術後早期の各種合併症(出血、縫合不全、感染症)を理解し、対応方法を経験する
    • 術後の疼痛管理を理解し、実践する
    • ガーゼ交換、ドレーン管理などを経験する
    • 抜糸の原則を理解し、実践する
    • 術後の療養指導(安静度、体位、食事、入浴など)を理解し、経験する
    • 適切な退院指導を実践する
前のページへ戻ります

▲ ページトップへ