• 患者の皆さんへ
  • 医療関係者の皆さんへ
  • 研修医・医大生の皆さんへ
  • ドクターブログ
  • (寄付講座)徳島大学大学院 糖尿病・代謝疾患治療医学分野
  • 病院紹介
  • 院長挨拶
  • 病院の概要
  • フロアマップ
  • 交通案内
  • 駐車場について
  • 受診案内
  • 初めてご利用の方へ
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 出産のご案内
  • ストーマ外来
  • 透析外来
  • 人間ドック
  • 日帰り人間ドック
  • 脳ドック
  • 診療時間一覧
  • 受付時間一覧
  • 診療科紹介
  • 内科・消化器科
  • 小児科
  • 外科・肛門科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 耳鼻咽喉科
  • 眼科
  • 皮膚科・形成外科
  • 泌尿器科
  • 放射線科
  • リハビリテーション科
  • 部科紹介
  • 看護部
  • 臨床検査部
  • 薬剤部
  • 栄養管理科
  • アクセスマップ
  • スタッフ募集
  • 電話番号
  • メールでのお問い合わせ
  • スマートフォンの方はコチラ

救急研修

前のページへ戻ります

救急の研修カリキュラムについて

救急研修統括責任者

正宗 克浩

救急研修概要

2次救急指定病院である当院は、地域中核病院として積極的に救急患者の受け入れに対応している。地域医師会との病診連携をより充実させるため、救急患者対応のため、観察ベッドの導入を行い、時間内は各科当番制で、時間外休日は宿直医が救急対応を行っている。1次救急、2次救急から3次救急、CPA症例まで、各科にまたがる症例が経験できる。研修医はオンコールにてまた宿日直を通して各科の指導医と研修できる体制にある。

一般目標

救急医療の一環として、救急患者を取り扱い、初期対応や診断手法、治療優先順位の判断などを実践を通して経験する。

行動目標

  1. 頻度の多い救急疾患を理解し、経験する。
    • 各種外傷、交通事故などを経験し、診断や初期対応を実践する。
    • 各種疼痛(頭痛、胸部痛、腹痛)を主訴とする救急疾患を経験し、診断や初期対応を実践する。
    • 各種の応急処置を経験する。
  2. 専門性の高い救急疾患を理解し、経験する。
    • 脳血管障害などを経験し、診断や初期対応を実践する。
    • 急性呼吸不全などを経験し、診断や初期対応を実践する。
    • 各種骨折などを経験し、診断や初期対応を実践する。
    • 各診療科における各種の救急疾患を経験し、診断や初期対応を実践する。
    • 小児における外科的な救急疾患を経験し、診断や初期対応を実践する。
  3. 3次救急疾患を理解し、経験する。
    • 心肺停止の診断と必要な処置や初期対応を経験する。
    • 各種のショック状態の病態を理解し、診断や初期対応を経験する。
    • 多発外傷の診断と必要処置、初期対応を経験する。
    • 重症感染症の病態を理解し、診断や初期対応を経験する。
    • 熱傷の診断と重傷度が理解し、初期対応を経験する。
    • 急性中毒の病態と診断、初期対応を経験する。
    • 環境障害(熱中症、寒冷傷害など)の診断と初期対応を経験する。
    • 多臓器障害の病態と診断、治療方法を理解する。
  4. 災害医療を理解し、各種の手法を経験する。
    • 気道確保、人工呼吸などのBLSを理解し、麻酔科指導医各科指導医のもとで経験する。
    • 循環補助法や循環作動薬を理解し、ACLSを麻酔科指導医各科指導医のもとで経験する。
    • トリアージの概念を理解し、実践訓練を経験する。
  5. 救急疾患の医療記録を理解する。
    • 救急記録の記載方法を理解し、経験する。
    • 救急報告書を理解し、記載方法を経験する。
  6. 救急体制と救命救急士の役割を理解する。
  7. 院内外の救急訓練、研修に参加する。
前のページへ戻ります

▲ ページトップへ