• 患者の皆さんへ
  • 医療関係者の皆さんへ
  • 研修医・医大生の皆さんへ
  • ドクターブログ
  • (寄付講座)徳島大学大学院 糖尿病・代謝疾患治療医学分野
  • 病院紹介
  • 院長挨拶
  • 病院の概要
  • フロアマップ
  • 交通案内
  • 駐車場について
  • 受診案内
  • 初めてご利用の方へ
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 出産のご案内
  • ストーマ外来
  • 透析外来
  • 人間ドック
  • 日帰り人間ドック
  • 脳ドック
  • 診療時間一覧
  • 受付時間一覧
  • 診療科紹介
  • 内科・消化器科
  • 小児科
  • 外科・肛門科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 耳鼻咽喉科
  • 眼科
  • 皮膚科・形成外科
  • 泌尿器科
  • 放射線科
  • リハビリテーション科
  • 部科紹介
  • 看護部
  • 臨床検査部
  • 薬剤部
  • 栄養管理科
  • アクセスマップ
  • スタッフ募集
  • 電話番号
  • メールでのお問い合わせ
  • スマートフォンの方はコチラ

内科研修

前のページへ戻ります

内科の研修カリキュラムについて

内科研修統括責任者

東 博之

一般目標

全ての医師に必要とされる幅広い基本的臨床能力を身に付けるための、内科領域を始めとするプライマリケアの基本的な知識・技術を修得し、臨床医としての態度・人格を涵養し、患者に対して適切な指導を行うことができるようになることを目指す。

行動目標

経験すべき症状・病態・疾患
患者の現病歴、症状と身体所見、簡単な検査所見に基づいた鑑別診断、初期治療を的確に行う能力を獲得する。

1.頻度の高い症状:必修項目として以下の症状を経験し、レポ−トを提出する。
(「経験」とは、自ら診療し、鑑別診断を行うこととする)
  1. 不眠
  2. 浮腫
  3. リンパ節腫脹
  4. 発疹
  5. 発熱
  6. 頭痛
  7. めまい
  8. 視力障害、視野狭窄
  9. 結膜の充血
  10. 胸痛
  11. 動悸
  12. 呼吸困難
  13. 咳・痰
  14. 嘔気、嘔吐
  15. 腹痛
  16. 便通異常(下痢、便秘)
  17. 腰痛
  18. 四肢のしびれ
  19. 血尿
  20. 排尿障害(尿失禁、排尿困難)
2.緊急を要する症状・病態:必修項目として以下の病態を経験する。
(「経験」とは初期治療に参加することとする)
  1. 心肺停止
  2. ショック
  3. 意識障害
  4. 脳血管障害
  5. 急性呼吸不全
  6. 急性心不全
  7. 急性冠症候群
  8. 急性腹症
  9. 急性消化管出血
  10. 急性中毒
3.経験すべき疾患・病態

経験すべき疾患

  1. 疾患については必ず入院症例を主治医として受け持ち、診断、検査、治療方針について症例レポートを提出する。
  2. 疾患については必ず外来診療または受け持ち入院症例(合併症を含む)で自ら経験する。
    ※「その他」の項目の疾患は、機会があれば経験すべき疾患とする。

手技・検査

  1. 自分で安全に施行できる(結果の解釈まで含む)。
  2. 指導医の元であれば安全に施行できる。あるいはオーダーし結果を解釈できる。
  3. 見学したことがある、あるいは知識がある。
  1. 血液・造血器・リンパ網内系疾患
    • 経験すべき疾患
      1. 貧血(鉄欠乏性、二次性、その他)B
      2. 播種性血管内凝固症候群(DIC)
      3. その他:急性・慢性白血病、MDS、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、出血性疾患/紫斑病、無顆粒球症
    • 基本的手技・検査
      1. 末梢血像(白血球分画を含む)、血清蛋白分画、輸血法(成分輸血含む)
      2. 骨髄穿刺(骨髄像、表面マーカー)、血清/尿蛋白電気泳動
      3. リンパ節生検
    • 基本的課題
      1. 血液疾患に特徴的な症状、理学所見を理解する(貧血、発熱、易感染性、出血傾向、肝牌腫、リンパ節腫脹など)
      2. 貧血の鑑別診断と治療を行える(輸血療法を含め)。
      3. DICの診断と治療について理解する。
      4. 血液悪性疾患についてのプライマリケアで必要な知識を修得する。
  2. 神経系疾患
    • 経験すべき疾患
      1. 脳・脊髄血管障害(脳梗塞(TIA含む)、脳出血、クモ膜下出血)A
      2. 痴呆性疾患
      3. 脳・脊髄外傷(頭部外傷、急性硬膜外血腫、急性/慢性硬膜下血腫)
      4. 変性疾患(パーキンソン病)
      5. 糖尿病性神経障害
      6. その他:中枢神経感染症(脳炎、髄膜炎)、てんかん、脳腫壕(転移性含む)
    • 基本的手技・検査
      1. 神経学的理学所見、腰椎穿刺/髄液検査
      2. 頭部CT、頭部MRI/MRA、脳波検査、MCV
      3. 頸動脈エコー、筋電図、誘発筋電図、PET/SPECT
    • 基本的課題
      1. 意識障害の鑑別診断、検査、治療について理解する。
      2. 脳神経所見を正確に取り、記載できるようになる。
      3. 脳血管障害の診断、初期対応法について習熟する(脳外科へのコンサルテーションを含め)。
      4. 脳梗塞の病型診断と治療、リハビリテーション指示法に習熟する。
      5. 糖尿病性神経障害について理解する。
      6. けいれんの初期対応、原因鑑別について理解する。
  3. 皮膚系疾患
    • 経験すべき疾患
      1. 湿疹・皮膚炎群(接触皮膚炎、アトピー皮膚炎)B
      2. 蕁麻疹 B
      3. 薬疹
      4. 皮膚感染症(疥癬、白癬、皮膚カンジダなど)B
      5. 内科疾患に合併する皮膚病変
      6. 褥瘡
    • 基本的手技・検査
      1. パッチテスト、真菌検査(KOH法)、血清免疫学的検査(RIST、RAST含む)
      2. 皮膚生検、DLST
    • 基本的課題
      1. 薬疹を疑い、対処することができる。
      2. 必要時、皮膚科専門医に適切にコンサルテーションできる。
  4. 循環器系疾患
    • 経験すべき疾患
      1. 心不全(急性and/or慢性)A
      2. 虚血性心疾患(狭心症(労作性/冠攣縮性)、心筋梗塞)B
      3. 高血圧症(本態性、二次性高血圧症)A
      4. 不整脈(主要な頻脈性、徐脈性不整脈)B
      5. 動脈疾患(閉塞性動脈硬化症、大動脈癌)B
      6. その他:弁膜症(僧帽/大動脈弁膜症)、心膜心筋炎、感染性心内膜炎、心筋症(肥大型、拡張型)静脈・リンパ管疾患(深部静脈血栓症、下肢静脈瘤、リンパ浮腫)
    • 基本的手技・検査
      1. 聴診法、心電図(安静時)、胸部X−p、除細動法(薬物、電気的)
      2. 運動負荷心電図(Wマスター、トレッドミル)、ホルターECG、UCG
      3. 電気生理学的検査、ペーシング法(一時的、永久ペースメーカー埋め込み)、心嚢穿刺
    • 基本的課題
      1. 心不全の病態生理を理解し、急性期の治療及び慢性期の管理法を理解する。
      2. 虚血性心疾患の診断と治療を身に付ける:緊急時初期対応法、検査計画の立案、薬物療法・PCI・CABGの適応を理解する。
      3. 不整脈の診断、危険性の判定、薬物療法/ペースメーカーの適応を理解する。
      4. 高血圧の病態生理、鑑別診断、治療(薬物、生活指導含む)を理解する。
  5. 呼吸器系疾患
    • 経験すべき疾患
      1. 呼吸不全(急性and/or慢性)B
      2. 呼吸器感染症(急性上気道炎、気管支炎、肺炎(細菌性、異型))A、肺結核、肺真菌症など
      3. 閉塞性肺疾患(気管支端息)B、気管支拡張症、など
      4. 拘束性肺疾患(間質性肺炎、肺線維症など)B
      5. その他:塵肺、肺循環障害(肺塞栓症など)、異常呼吸(睡眠時無呼吸症候群、過換気症候群など)胸膜/縦隔/横隔膜疾患(自然気胸、胸膜炎など)、肺腫瘍(肺癌など)
    • 基本的手技・検査
      1. 聴診法、胸部X−p、動脈血液ガス検査、パルスオキシメーター、喀痰検査(グラム染色含む)、気管内挿管
      2. 胸部CT検査、肺機能検査、呼吸訓練、体位ドレナージ、胸腔穿刺/胸水検査、人工呼吸管理法(ウイーニング法含む)
      3. 気管切開、胸腔ドレナージ法、気管支鏡検査(BALF、TBLB含む)、経皮肺生検、肺換気血流シンチ
    • 基本的課題
      1. 呼吸困難の鑑別診断を理解する。
      2. 急性呼吸不全の診断と初期治療ができる(気道確保、02投与法、気管内挿管の適応、機械的人工呼吸管理法を含む)。
      3. 肺炎の診断と重症度の評価(起炎菌の推定、抗生剤の選択などを含む。市中/院内肺炎ガイドラインを参考にする)ができる。
      4. 肺結核の診断と治療(法的対応含む)ができる。
      5. 気胸の診断と初期対応ができる(穿刺脱気、持続脱気、手術適応など)。
      6. 胸水貯留に対する鑑別診断ができる(胸腔穿刺法含む)。
      7. 肺癌に関してプライマリケアで必要な知識を修得する(肺癌取扱い規約を含め)。
      8. 気管支端息の急性期治療と慢性期管理について理解する(管理ガイドラインに基づいて)。
      9. 禁煙について、喫煙の有害性を含め患者指導できる。
      10. 慢性呼吸不全に対する在宅酸素療法の適応と導入を理解し、経験する。
  6. 消化器系疾患
    • 経験すべき疾患
      1. 食道・胃・十二指腸疾患(食道静脈瘤、胃癌、胃・十二指腸潰瘍、胃・十二指腸炎)A
      2. 小腸・大腸疾患(イレウス、急性虫垂炎)B、(炎症性腸疾患、過敏性腸症候群、感染性腸炎、虚血性腸炎、結腸憩室炎、大腸癌など)
      3. 胆嚢・胆管疾患(胆石症、胆嚢炎、胆管炎など)
      4. 肝疾患(慢性ウイルス性肝炎、急性肝炎、肝硬変、肝癌、アルコール性肝障害、薬剤性肝障害)B、(肝性脳症、肝膿瘍など)
      5. 膵疾患(急性・慢性膵炎)
      6. 横隔膜、腹壁、腹膜(腹膜炎、急性腹症、ヘルニア)B
    • 基本的手技・検査
      1. 腹部の理学的所見、US、腹部単純X−p、胃管挿入/管理
      2. 腹部CT、GFs、CFs、腹腔穿刺、イレウス管挿入/管理、肝シンチ
      3. 内視鏡的治療(静脈瘤根治術、内視鏡的止血術、ポリペクトミー/EMR、ERCP、EST、ESDなど)、S−Bチューブ、IVR(腹部血管造影(CT−Angio、TAE含む))、PEIT、PTCD
    • 基本的課題
      1. 腹痛・急性腹症の鑑別診断(特に緊急手術を要するものの鑑別、外科チームとの連携)ができる。
      2. 上・下部消化管出血に対する鑑別診断、初期対応(対ショック含め)、緊急内視鏡の適応などを理解する。
      3. 消化性潰瘍の成因、診断、治療について理解を深める(H.py1ori についても)。
      4. 肝機能障害の鑑別診断と重症度評価(肝予備能、劇症化の危険性など)ができる。
      5. 胆石症、急性胆嚢・胆管炎、急性膵炎への初期対応、Septic Shockへの対応ができる。
      6. イレウスの診断と対応法(手術適応を含め)を理解する。
      7. 消化器系悪性腫瘍の診断、治療を理解する(Informed Consent、外科チームとの連携を含めて)。
      8. 炎症性腸疾患(UC、CD等)の診断、合併症、治療法について理解する。
  7. 腎・尿路系疾患
    • 経験すべき疾患
      1. 腎不全(急性・慢性腎不全、透析導入・管理)A
      2. 泌尿器科的腎・尿路疾患(尿路結石、尿路感染症、前立腺肥大症)B
      3. 原発性糸球体疾患(急性・慢性糸球体腎炎症候群、ネフローゼ症候群)
      4. 全身性疾患による腎障害(糖尿病性腎症、アミロイドーシス)
    • 基本的手技・検査
      1. クレアチニン・クリアランス、尿蛋白定量
      2. KUB/DIP、US、腹部CT、血清免疫学的検査
      3. 腎生検、ECUM、血液透析(緊急、維持含む)、腹膜透析、血漿交換
    • 基本的課題
      1. 急性腎不全の病型(腎前、腎、腎後性)診断、急性腎性腎不全に対する初期治療法を理解する(緊急透析の適応を含め)。
      2. 慢性腎不全の管理、透析導入について理解する。
      3. 原発性、二次性糸球体疾患の鑑別診断のための検査計画を立案できる(腎生検を含めて)。
      4. 糖尿病性腎障害について理解する。
  8. 内分泌・代謝・栄養疾患
    • 経験すべき疾患
      1. 糖代謝異常(糖尿病、糖尿病合併症、低血糖症)A
      2. 高脂血症B
      3. 甲状腺疾患(甲状腺機能亢進症・低下症、バセドウ病、橋本病)
      4. 蛋白および核酸代謝異常(高尿酸血症)
      5. 電解質異常(Na,K,Ca異常)
      6. その他:視床下部・下垂体疾患(下垂体前葉機能障害)、SIADH、副腎不全
    • 基本的手技・検査
      1. 甲状腺触診、75gOGTT
      2. 各種ホルモン値測定、内分泌系負荷試験、甲状腺エコー
    • 基本的課題
      1. 糖尿病とその合併症の診断、教育、治療について習熟する。
        1. 特徴的な症状と75gOGTTや血糖値による診断基準を理解する。
        2. 1型と2型の糖尿病の病型分類を理解する。
        3. 網膜症、腎症、神経障害やその他の合併症の管理を行える。
        4. 糖尿病の管理と治療に習熟する(食事療法、運動療法の理解と指導法の理解、経ロ血糖降下剤の使用法、インスリン療法の適応、導入法など)。
        5. 糖尿病緊急症(DKA、HNKC、低血糖症)の対応法を修得する。
      2. 甲状腺疾患の分類、診断、治療法について理解する特に Basedow病の治療法(抗甲状腺薬、手術療法、アイソトープ療法)、機能低下症に対する補充療法)。
      3. 高脂血症の検査所見(病型鑑別含め)、治療法(食事/運動療法、薬物療法)を理解し指導できるようになる。
      4. 電解質異常に対する原因鑑別と初期治療法が行える。
  9. 眼・視覚系疾患
    • 経験すべき疾患
      1. 屈折異常(近視、遠視、乱視)B
      2. 角結膜炎 B
      3. 白内障 B
      4. 緑内障 B
      5. 糖尿病、高血圧・動脈硬化による眼底変化
    • 基本的手技・検査
      1. 直接眼底鏡検査、眼圧測定器
    • 基本的課題
      1. 内科疾患の合併症としての眼障害について理解する(特に糖尿病性網膜症!)
      2. 直接眼底鏡にて簡単な眼底所見がとれるようになる(うっ血乳頭、眼底出血など)
  10. 耳鼻・咽頭・口腔系疾患
    • 経験すべき疾患
      1. 中耳炎(急性、慢性、滲出性)B
      2. アレルギー性鼻炎(花粉症含む)B
      3. その他:急性・慢性副鼻腔炎、急性・慢性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、急性喉頭蓋炎、鼻出血、外耳道/咽喉頭の異物
    • 基本的課
      1. 耳鏡による簡単な外耳道、鼓膜所見をとれるようになる。
      2. ロ腔、咽頭、扁桃の所見を正確にとれるようになる。
      3. 花粉症に対する治療、療養指導を理解する。
  11. 感染症
    • 経験すべき疾患
      1. ウイルス感染症(インフルエンザ、ヘルペス、ムンプス、水痘・帯状疱疹、麻疹、風疹、伝染性単核症)B
      2. 細菌感染症(ブドウ球菌、MRSA、A群溶連菌、クラミジア)B
      3. 結核 B
      4. 真菌感染症(カンジダ症など)
      5. その他:性感染症、寄生虫疾患
    • 基本的手技・検査
      1. 細菌学的検体検査、血清免疫学的検査
  12. 免疫・アレルギ−疾患
    • 経験すべき疾患
      1. SLE(その合併症を含む)
      2. 慢性関節リウマチB
      3. アレルギー・アトピー性疾患B
      4. その他の膠原病類縁疾患(サルコイドーシス、ベーチェット病含め)
    • 基本的手技・検査
      1. 血清IgE(RIST)、特異的IgE(RAST)、アレルゲン皮膚テスト(皮内反応、パッチテスト)、血清免疫学的検査(RF、ANA、LE test、特異的自己抗体、血清補体価など)
      2. 筋生検、皮膚生検、血管生検
    • 基本的課題
      1. 慢性関節リウマチの診断と治療について習熟する(診断基準、Stage分類、NSAIDs、DMARDs、Steroids の適応、手術適応について整形外科とコンサルテーションできる)。
      2. SLEの診断と治療について理解する(診断基準、CNSループスなどの重篤な合併症も含め)。
      3. 各膠原病に特徴的な臨床症状と所見の取り方を身に付ける。
      4. アレルギーの概念、検査法や診断、主な臓器別の症状について理解する。
  13. 物理・化学的因子による疾患
    • 経験すべき疾患
      1. 急性中毒(アルコール、薬物)
      2. アナフィラキシー
      3. 環境要因による疾患(熱中症、寒冷障害、振動障害、塵肺症)
    • 基本的手技・検査
      1. 胃洗浄、拮抗薬の使用
    • 基本的課題
      1. 急性薬物中毒に対し、速やかに初期対応できる。
      2. 振動障害、塵肺症などの労災疾患に関する知識を持つ。
  14. 加齢・老化による疾患
    • 経験すべき疾患
      1. 高齢者の栄養摂取障害 B
      2. 老年症候群(誤嚥、転倒、失禁、褥瘡、廃用性障害)B
      3. 老年期認知症(脳血管性、アルツハイマー型)
    • 基本的手技・検査
      1. 長谷川式痴呆評価スケール
      2. 経鼻経管栄養法、燕下訓練法
      3. 胃瘻法(開腹、PEG)
    • 基本的課題
      1. 経ロ摂取低下、栄養障害例に対し、段階に応じて対処できる。
      2. 廃用性障害の防止のための適切なリハビリテーションを指示できる。
      3. 介護保険制度の内容を理解
前のページへ戻ります

▲ ページトップへ