• 患者の皆さんへ
  • 医療関係者の皆さんへ
  • 研修医・医大生の皆さんへ
  • ドクターブログ
  • (寄付講座)徳島大学大学院 糖尿病・代謝疾患治療医学分野
  • 病院紹介
  • 院長挨拶
  • 病院の概要
  • フロアマップ
  • 交通案内
  • 駐車場について
  • 受診案内
  • 初めてご利用の方へ
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 出産のご案内
  • ストーマ外来
  • 透析外来
  • 人間ドック
  • 日帰り人間ドック
  • 脳ドック
  • 診療時間一覧
  • 受付時間一覧
  • 診療科紹介
  • 内科・消化器科
  • 小児科
  • 外科・肛門科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 耳鼻咽喉科
  • 眼科
  • 皮膚科・形成外科
  • 泌尿器科
  • 放射線科
  • リハビリテーション科
  • 部科紹介
  • 看護部
  • 臨床検査部
  • 薬剤部
  • 栄養管理科
  • アクセスマップ
  • スタッフ募集
  • 電話番号
  • メールでのお問い合わせ
  • スマートフォンの方はコチラ

園芸療法・買い物、調理活動・連絡会、勉強会のご案内について

前のページへ戻ります



園芸療法について

園芸では、草花や食物の収穫などを通して、心身共に健康になるようにリハビリテーションの一環として取り組んでいます。園芸へ行く事で屋外歩行の練習や、座る・しゃがむという動作の練習にもなります。また、患者様同士の交流の場、楽しみの場として利用しています。園芸を通して役割を持って行動することで、自信の回復にも繋がります。他にも、ここで収穫した食物は、調理練習などの家事動作練習に用いたりもしています。

買い物・調理活動について

退院後の家事動作練習の一環として、集団で月に1回近くのスーパーへ買い物に行き、調理練習を行っています。整形疾患・脳外科疾患の方など、様々な患者様が参加されています。手や足に障害がある方でも、自助具・福祉用具・歩行補助具を使用し、個々に合った指導・援助を作業療法士が行っています。また、必要であればその都度、個別に家事動作練習を実施しています。

食事は、毎日の生活を送る上では、楽しみであり、美味しく食べたいものです。当院では、さまざまな障害をもっている方(片麻痺の方など)が、工夫することにより楽しく自宅でも調理できるよう練習してゆきます。

例えば

  1. 使える身体部位を有効に使う
  2. 道具の工夫をする
  3. 場所を有効に使う
  4. 個々の調理動作を工夫する
  5. 量の工夫をする
  6. 手順の工夫をする
  7. 時間の工夫をする
  8. 料理種目の選択をする

などがあります。ご一緒に楽しく練習してゆきましょう。

連絡会・勉強会のご案内

南部活き活き連絡会を開催しました

2006年に南部のリハセラピストが中心となって発足し、現在は医療・介護施設関係者の研修や、連携、交流の機会となっています。
7月1.2日に、藍野大学 玉地雅浩先生による「高次脳機能障害」についての研修を行い、18施設より94名の方に参加いただきました。多数のご参加ありがとうございました。

南部活き活き連絡会1
南部活き活き連絡会2

前のページへ戻ります

▲ ページトップへ