• 患者の皆さんへ
  • 医療関係者の皆さんへ
  • 研修医・医大生の皆さんへ
  • ドクターブログ
  • (寄付講座)徳島大学大学院 糖尿病・代謝疾患治療医学分野
  • 病院紹介
  • 院長挨拶
  • 病院の概要
  • フロアマップ
  • 交通案内
  • 駐車場について
  • 受診案内
  • 初めてご利用の方へ
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 出産のご案内
  • ストーマ外来
  • 透析外来
  • 人間ドック
  • 日帰り人間ドック
  • 脳ドック
  • 診療時間一覧
  • 受付時間一覧
  • 診療科紹介
  • 内科・消化器科
  • 小児科
  • 外科・肛門科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 耳鼻咽喉科
  • 眼科
  • 皮膚科・形成外科
  • 泌尿器科
  • 放射線科
  • リハビリテーション科
  • 部科紹介
  • 看護部
  • 臨床検査部
  • 薬剤部
  • 栄養管理科
  • アクセスマップ
  • スタッフ募集
  • 電話番号
  • メールでのお問い合わせ
  • スマートフォンの方はコチラ

理学・作業療法について

前のページへ戻ります



理学療法について

理学療法とは、身体に障害のある者に対し、主としてその基本動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行わせ、電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう。(理学療法士及び作業療法士法)

実際の治療内容としては、温熱療法、牽引、電気治療などの物理療法、関節運動制限に対する関節可動域練習、筋力の維持・強化のための筋力強化練習、寝返り・起き上がりなどの基本動作練習、トイレ動作や入浴動作・食事動作などの日常生活動作練習、杖や歩行器、または装具などを利用しての歩行練習などを行っています。

対象となる主な病気やケガは、骨折や靱帯損傷後の関節拘縮や筋力低下・関節炎・椎間板ヘルニア・末梢神経損傷・慢性関節リウマチ・脊髄損傷・四肢切断・脳卒中や頭部外傷の後遺症・パーキンソン病・肺気腫などの呼吸器疾患・長期臥床による筋力低下。

入院・外来とも理学療法士による担当制をとっており、医師の処方に応じた治療を行います。(※理学療法科の方針として、外来は医師の指示のあった患者様のみ行っており、それ以外は原則として行っておりませんのでご理解ください。)

最近は早期離床が言われるようになりました。過度の安静は筋力や体力の低下、関節拘縮(固くなること)、骨粗鬆症、床ずれやめまい等を引き起こします。これを廃用症候群といいます。そこで可能なかぎり安静期間を短くし廃用症候群を予防することが大切となります。整形外科疾患のリハビリテーションでは手術前から理学療法を始め、手術後もできるだけ早期から離床を促していきます。医師や看護師と共同でクリニカルパスを実施しており、計画的なリハビリテーションをすすめています。

回復期リハビリテーション病棟の対象患者様におきましては、患者様・家族様の同意のもと早期に転棟していただき、自宅復帰を目指していきます。

作業療法について

病気や事故・怪我による障害を負った方々の日常生活の自立を目指し様々な作業活動を用いて訓練を行っていきます。その為、訓練室以外に、作業療法士がトイレやお風呂など実際の場面でも訓練指導を行っています。

また、家事動作や屋外活動にも積極的に参加してもらい、社会生活への復帰・自信の回復を目指します。患者様本人はもちろん、ご家族の希望も重視し、実際のお宅へうかがう家屋調査なども行っております。住みよい環境作りのお手伝いや介護指導を行い、在宅生活を援助していきます。

前のページへ戻ります

▲ ページトップへ