• 患者の皆さんへ
  • 医療関係者の皆さんへ
  • 研修医・医大生の皆さんへ
  • ドクターブログ
  • (寄付講座)徳島大学大学院 糖尿病・代謝疾患治療医学分野
  • 病院紹介
  • 院長挨拶
  • 病院の概要
  • フロアマップ
  • 交通案内
  • 駐車場について
  • 受診案内
  • 初めてご利用の方へ
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 出産のご案内
  • ストーマ外来
  • 透析外来
  • 人間ドック
  • 日帰り人間ドック
  • 脳ドック
  • 診療時間一覧
  • 受付時間一覧
  • 診療科紹介
  • 内科・消化器科
  • 小児科
  • 外科・肛門科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 耳鼻咽喉科
  • 眼科
  • 皮膚科・形成外科
  • 泌尿器科
  • 放射線科
  • リハビリテーション科
  • 部科紹介
  • 看護部
  • 臨床検査部
  • 薬剤部
  • 栄養管理科
  • アクセスマップ
  • スタッフ募集
  • 電話番号
  • メールでのお問い合わせ
  • スマートフォンの方はコチラ

回復期リハビリテーション病棟について

前のページへ戻ります



回復期リハビリテーションとは

脳血管疾患または大腿骨頸部骨折等の患者に対して、ADL(日常生活動作)能力の向上により寝たきり予防と家庭復帰や社会復帰といった、QOL(生活の質)向上を目的としたリハビリプログラムを医師・看護師・PT(理学療法士)・OT(作業療法士)・ST(言語聴覚士)・MSW(医療ソーシャルワーカー)等が共同して作成し、これに基づくリハビリを集中的に行うための病棟です。

回復期リハビリテーション病棟対象患者様及び入院期間

  1. 疾患: 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症の発症もしくは手術後
    発症から入院までの期間: 2ヶ月以内
    入院可能日数: 150日
  2. 疾患: 高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷・頭部外傷を含む多発外傷
    発症から入院までの期間: 2ヶ月以内
    入院可能日数: 180日
  3. 疾患: 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の骨折もしくは手術後
    発症から入院までの期間: 2ヶ月以内
    入院可能日数: 90日
  4. 疾患: 外科手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後
    発症から入院までの期間: 2ヶ月以内
    入院可能日数: 90日
  5. 疾患: 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の神経、筋、靭帯損傷後
    発症から入院までの期間: 1ヶ月以内
    入院可能日数: 60日

入院時ご用意していただくもの

  • 普段着の着替え(パジャマ以外)
    毎日の入院生活を自宅の生活に近いものとするために、日中はパジャマではなく、出来るだけ動きやすい服に着替えて頂いております。
  • 運動靴
    病棟内で安全に生活を送るためにも、スリッパを禁止し、靴を履いて頂いております。
  • その他
    歩行能力や日常生活動作に応じて、杖や日常品、机上での細かい活動を行うため眼鏡等を準備して頂いております。

退院に向けて

  • 患者会
    患者様に対して週2回勉強会を実施しています。(疾患管理・食事・転倒予防など)
  • 外泊
    自宅に帰る準備として、週末や連休の際には外泊をお勧めしています。
    外泊を行うことにより、どのようなことを中心に練習していけばよいかが分かりやすくなります。
  • 家屋評価
    自宅退院に向けて、患者様宅へ訪問またはデジタルカメラによって家の状況を把握させていただき、その家の状況にあわせたリハビリを進めると共に、介護保険等を利用し住宅改修を行う場合に各職員よりアドバイスさせて頂いております。

医療ソーシャルワーカーのサポートについて

病気や怪我を負うと家族や職場といった生活環境に大きな影響を受け、不安・悩み・心配事が生じることがあります。
そんな時治療に専念できるよう、1日も早く社会生活に戻れるよう、医療ソーシャルワーカーが援助します。

<相談内容例>

  • 医療費・生活費など経済的問題
  • 社会福祉制度の利用や手続き(医療保険・公費負担制度・身体障害者手帳・介護保険など)
  • 退院後の生活や社会復帰に向けての準備や問題への対応
  • 地域との関わり(行政の催し・患者会など)
前のページへ戻ります

▲ ページトップへ